千代田区の社会保険労務士

    03-5211-8472

  • 【 月~金 】 9:00~17:00

    ※土日祝、その他の時間は応相談

  • TWITTER
職場のルールと経営者の思いが従業員へ「伝わるために」

「伝える」から「伝わる」

東京都千代田区麹町の社会保険労務士、横山玲子です。

私は、会社が発展していくためにまず必要なことは、職場のルールと経営者の思いが従業員に「伝わる」ことだと考えています。これは、日頃、お客様とお話しする中で感じていることでもあります。

職場のルールと経営者の思いを形にする「伝える」から一歩進んで、お客様と一緒に「伝わる」作業を繰り返しながら、会社の発展に貢献していきたいと思っています。

何を伝えるのか?

会社の発展に必要な2つの柱

どんな働き方をして欲しいか


社員、契約社員、パート社員、アルバイト、嘱託など様々な呼び方がありますが、その定義は会社によって異なり、有期契約の運用も様々です。一方、従業員の働く動機や希望する労働条件・働き方も様々です。まずは、呼び方による雇用区分を整理し、有期契約の場合は、なぜ有期契約にしたいのかを整理します。

会社が求める意識と行動


従業員の働き方を記載したものが「労働条件通知書(雇用契約書)」や「就業規則」です。どんな構成、書式で表現するか、そして、どんな方法で伝えるのかを、お客様と一緒に考えていきます。

業務のご案内

  • 従業員は、会社のどこを見ているか
    ~労働法と社会保険~

    経営者の方は従業員に精一杯のことをやっているのに、従業員には経営者の言葉や想いが伝わっていないことがあります。
    伝えているつもりでも、伝わっていないのはなぜなのか?従業員は、会社のどこを見ているのか?改めて、経営者の方と従業員の方の認識のずれを埋める努力が必要だと感じます。

  • 中小企業の味方“助成金”の活用方法

    助成金は企業の規模を問わず支給される場合もありますが、中小企業だけに支給されるもの、又は大企業に比べて中小企業の方が、助成率が高いものも少なくありません。
    種類としては、従業員の成長を支援するもの、働く環境を整備するもの、就職困難者を採用した場合など様々なものがあります。

ねんきん相談カフェ

皆さんに伝えたい、知っていただきたい、社会保険・年金のこと。

お気軽にお問い合わせください

  • 【 月~金 】 9:00~17:00

    ※土日祝、その他の時間は応相談

ページトップへ戻る